作 sa-ku

松田 優作

PROFILE

1949年9月21日生まれ、身長185cm。
1972年、文学座付属演劇研究所12期生として入所。73年NTV「太陽にほえろ!」でジーパン刑事を演じ、鮮烈なデビュー。同年、『狼の紋章』で映画デビュー。 74年『竜馬暗殺』、76年「暴力教室」、77年『人間の証明』など数々の話題作に出演、78年には村川透監督と初めてコンビを組み、『最も危険な遊戯』でアクションスターとしてその個性をいかんなく発揮した。村川透監督とは以降『遊戯』シリーズや、大藪春彦原作角川映画『蘇える金狼』(79)『野獣死すべし』(80)と数々のハードボイルドアクションの傑作を発表し、ヒットを連発していく。 また一方ではNTV「探偵物語」主演、探偵・工藤俊作役を軽妙に演じ、その人気を絶大なものとしていく。81年には工藤栄一監督『ヨコハマBJブルース』、鈴木清順監督『陽炎座』と次々に主演をこなし、演技派としても実力をつけていく。
83年には森田芳光監督『家族ゲーム』に主演し、キネマ旬報主演男優賞・報知映画賞など数々の映画賞を受賞。86年には『ア・ホーマンス』で自ら主演と監督をこなし、その後、88年吉田喜重監督『嵐が丘』、深作欣二監督『華の乱』に出演し、俳優として円熟期を迎える。
そして、1989年、リドリー・スコット監督『ブラック・レイン』に出演。主演のマイケル・ダグラス、高倉健に伍して、殺人犯として追われる凶暴なヤクザを演じた。その演技は、国際的にも高い評価を得るも、同年11月6日逝去。享年40歳。現在、2015年5月より『松田優作DVDマガジン(隔週発売・全41巻/講談社刊)』、2017年3月より『ビクター・ビンテージ・ロック HARDEST NIGHT LIVE』(紙ジャケット仕様・完全生産限定盤/ビクター・エンタテインメント)が絶賛発売中である。

ENGLISH PROFILE − DOWNLOAD

 

 

prof

bio